メイキング・オブ「十番の夜」! パート4

フットボールライフ・ゼロの「十番の夜」の未収録部分を大公開! 【パート4】

※このコーナーでは、フットボールライフ・ゼロに掲載された好評企画「十番の夜」で紹介できなかった部分を紹介していきます。

未収録コーナー


※まだまだ話が尽きない3人。話題は日本代表が次のワールドカップに出場できるかどうかへ移っていく


登場人物;
=えのきどいちろう  =中山淳(編集長)  =後藤伸二(本誌スタッフ)


 ところでえのきどさんは、次の2010年のワールドカップはどう見てます? 日本は出られそうですかね?

 ワールドカップに出てくれないと、本当にサッカーの人気がなくなっちゃいますよね。

 そうですね。もちろん僕も出てもらいたいし、仕事のことだけを考えたら出られないと大変だとは思うんです。
でも頭のどこかで「いつか出られないときがあるんだったら、一度ここで全部膿みを出しちゃえ」って思うこともあるんですよね。
その方が、日本サッカーのために良いんじゃないかっていうところも、実のところはちょっとあるんです。

 オシムさんはもう一回やるわけにはいかないの? 結構治ってきたでしょ。

 いや、現場の人間は怖いでしょうね。今回は奇跡的に復活したわけですから。
医師を横につけて、総監督としてっていう形でやるならできるかもしれないですけど。

 オシムのときは特別文句もなかったんですよね、まだチームを作っている途中だろうと思ってて。だからいろんな結果にも満足できたんです。
ただ、岡田さんの場合は勝っても非難されるから、かわいそうだなって思うところもありますよね。
「勝ち点3を取るためにどんな不細工な形でも勝つ」って言って、その通り勝って、それでも非難されちゃうんですからね。

 まあでも、そういう商売なんでしょうね、代表監督っていうのは。

 結局、岡田さんの采配が良い悪いっていうのもあるけど、主なあらすじとしてはオシムさんが作るはずだった日本代表の幻に、みんなとらわれているっていうことなんじゃないですかね。

 そうですね、『人とボールが動くサッカー』って、あそこから始まって……。

 そうそう。ジーコでもダメだった。で、オシムさんが日本人の特性を生かした日本的なサッカーとは何であるのか、みたいな謎解きの解答を出してくれるんじゃないかって、みんな思ったりしてたわけじゃないですか。
でも、それも幻に、泣き別れになっちゃった。結婚できたかもしれない美人がいて、本当はあの子と結婚したかったんだけどな、みたいな感じでさ。何かそんなことになってますよね。

 今は地味なOLになっちゃったみたいな(笑)。

 うん、不細工でもいいから勝つ、みたいな感じですね(笑)。


≪パート4 了≫

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック