沖縄話あれこれ 第10回 「冬の沖縄」

このコーナーでは南国・沖縄出身である編集部のスタッフ:Sが、知っていればちょっとだけ得をする(かも)沖縄にまつわる話を、毎回テーマを変えて紹介します。会話のネタにするも良し、ひまつぶしでも良し。まあ軽い気持ちで覗いてみてください! 

沖縄話あれこれ


テーマ:【その他 その2】 「冬の沖縄」

青い海、白い砂浜、そしてひろがる水平線――。
夏のリゾート地として国内でも有数の観光地である沖縄だけに「常夏の島」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、当然のことながら沖縄にも冬があって、それなりに寒い日もあります。

もちろん寒いといっても気温が氷点下になることはありませんし、雪も降りません。それどころか気温が10℃を下回ればそれだけでニュースになるほどです。

しかし、やはり沖縄でも寒さに震える日もあれば、寒さをしのぐための暖房器具だってあります。ここ数年は温暖化の影響なのか、私の実家では見なくなりましたが、十数年前はこたつに入って家族で団欒していました。

まあ、いくら寒さをアピールしたところで、実際に体験してもらわなければわかってもらえないのが何とも歯がゆいところではあります。
もちろん、2、3泊程度の旅行で沖縄を訪れる方にとっては、そんな沖縄の冬も「これが寒いっていうの?」となります。しかし、慣れとは恐ろしいもので、そんな人でも年間を通して沖縄で暮らしてみると、「沖縄の冬も寒いな」となってしまう可能性大なのです。

私も学生時代の冬休みなどに帰省したときなど、最初2、3日は東京との気温差で暖かく感じて、家の中では半袖短パンで過ごしていたのですが、1週間もたたないうちに故郷の冬に慣れてしまい、慌てて冬物の衣服をタンスから引っ張り出していたものです。

と、こんなことを書いていると、「冬の沖縄って寒いだけでコトなし?」と言われそうですが、もちろんいいコトもあります。

まず、これから11月以降の冬のシーズン、沖縄旅行は夏と比べて航空券も安くなります(正月や学生の冬休みなどは除きます)。もちろん、ツアー料金も大分割安になるので、沖縄観光を計画している人にとっては結構狙い目だったりします。例えば東京発の2泊3日のホテルパックのツアーなら3万円前後の商品も珍しくありません(もちろん往復の航空券付きです!)。

また、海水浴こそ楽しめませんが、他県と比べた場合、沖縄は「避寒地」となるので、それを求めて訪れる観光客もいます。それに、あの灼熱の太陽がないということを考えると、穏やか気候の中でのんびりと観光が出来る! という考え方も出来るわけですし(ちょっと強引でしたか?)。

何だか最後は宣伝みたくなりましたが、要するに冬の沖縄は、それはそれで楽しめるっていうことです。

これから沖縄旅行へ行ってみようと思った方、しつこいようですが12月から2月にかけてはそれなりに寒い日もありますので、くれぐれも半袖短パン以外の服装の準備をお忘れなく!


スタッフ:S

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック