メイキング・オブ「十番の夜」! 第2弾 パート5

フットボールライフ・ゼロvol.2の「十番の夜」の未収録部分を大公開! 【パート5】

※今回からは「フットボールライフ・ゼロ vol.2」の誌面ではお伝えすることができなかった「十番の夜」の未収録部分を公開しちゃいます!

未収録コーナー


※※なかなか回復の兆しが見えない日本の景気だが、Jリーグも同様に厳しいクラブ経営を強いられているチームも少なくない。働き盛りの中堅選手の引退、若手選手の年俸の圧縮など、クラブが抱えている問題について語り合う4人。


登場人物;
=えのきどいちろう  =海江田哲朗  =中山淳(編集長)  =後藤伸二(本誌スタッフ)



 ところで海江田さん、今季のヴェルディの選手の成長ぶりはどうですか? 例えば河野とかは?

 良くはなってます。ただ、まだそこらの「あんちゃん」の雰囲気を漂わせてるところがありますね。

 それはクラブの伝統ですね。

 でも最近では珍しいですよ、あんなあんちゃんは。喋っている内容でその選手の大体のことはわかるじゃないですか。彼の場合はどこか軽いというか。だから彼には教育や社会勉強が必要だなって(笑)。いや、本当に早めに理解した方が彼のためというか。

 草サッカーをやっていて、元ヴェルディのユースだったっていう人とよく会うんですけど、大体そんな感じですよ。自分のやりたいプレーだけをやってるって感じの人が多いですね。

 まあ、彼らはエリートですからね。

 その辺を上手いこと転がしてあげられれば良いと思うんですけど。あまり選手を小さくしちゃうのもアレなんで。何ていうか、「サッカーやろうよ」って感じで上手いことできれば良いんですけどね。あと、他のクラブからヴェルディに入ってくる選手、例えば大黒の場合だと、能力があっても今までのクラブやって来たこととヴェルディのそれが違いすぎて、なかなかチームに馴染まなかったりすることがあるんですよね。大黒は今年こそマッチすると思ったんですけどね。

 そもそも大黒がJ2でやってるていうこと自体がすごいよね。

 確かにそうですよね。

 しかも彼はどこか怪我をしてパフォーマンスが著しく落ちたっていうわけじゃないのに。それにしてもちょっとチームと合わなさ過ぎかな。てっきり今季はヴェルディから出て行くと思ってたんですけど。

 ヴェルディでは走っても走ってもボールが出てこないからね。

 大黒の場合は、周りにボールを出してくれる人がいないと話が進まないですからね。

 今年のオフってJリーグの三十代プレーヤーに色々なところで、同時多発的に動きが起きたと思うんですけど。例えばそれは引退だったり。「えー、この選手が引退? もったいない」みたいなさ。

 福西もそうですよね。

 そう。あと、藤田が熊本に行ったり、水戸に吉原宏太とかさ。J2が名選手を拾いまくっちゃったっていう、そういう状況になりましたよね。

 タイミングが悪かったんですよね、今年の。

 そもそも、引退したのかどうかさえわからない選手も多いと思いますよ。

 戸田とか。まあ韓国に行きましたけど。

 ヴェルディでいえば、海本幸治郎とか大野敏隆とか。

 大野もそうなんですか?

 はい。引退したとも聞かないですよ。

 じゃあサッカー浪人ですか?

 だとしたら滅茶苦茶もったいない話ですよね。

 そういう選手を集めて1チームできるくらいじゃないですか?

 いや、本当にそうですよ。そういう意味でも今年のオフは恐ろしいくらいに“冬”でしたね。

 大枠で見れば世代交代の時期ってことになっちゃうんだけどさ。それでも選手としてやれないかっていったら、そんなことはないじゃないですか。

 かといって、年俸がものすごく高いっていうわけでもないんですよね。クラブ側も「だったら年俸2、3百万円で若いのをそろえて今年は耐えよう」みたいな感じですし。何かそんな空気ですよ。

 2百万円って、また下流ですね。

 下流も下流ですよ。

 もう、『SPA!』とか読まなきゃダメですね(笑)。それでJリーガーはダメでしょ。

 他にも、「もうそれはプロじゃないだろ」っていう話を最近よく聞きますね。例えばJ2だと、これまでは朝食を食べて、で、試合前に軽食を食べて試合に臨んでいたんです。それが今年からは経費削減のためにブランチみたいな感じで、朝食と軽食を一緒にして試合に臨むようになっているとか。そういうクラブも多いらしいんです。

そうなると、プロなのか、JFLなのかよくわからないですよね。この現状を本部の人たちはどう捉えているかですよ。入場者数の1億人突破を喜ぶのも良いですけど。

 サッカー協会はどんどん儲かっているからね。

 そうなんです。仕組み的に協会はノーリスクですからね。それこそヴェルディも河野あたりがステップアップして、「年収が10倍になった」っていう成功例が欲しいところすよね。

 でもJリーグがスタートしたときにそういうことになってて、それでこんなにダメになったんじゃないですか。それにせっかく育てた選手もみんなボロボロ出て行きますからね。厚遇もしないから。

 野球もそうだと思うんですけど、サッカーも日本でスタートして、そこから外国に羽ばたくしかないのかなって。やっぱりプロとしてお金は大事じゃないですか。現状はそういう土壌でしかないんですよね。



≪第2弾 パート5 了≫

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック