FootBall LIFE zero vol.3 取材裏話その3

現在急ピッチで制作している「FootBall LIFE zero vol.3」
まだ正式な発売日をお知らせ出来るまでには至りませんが、多分、3月下旬には発売出来るんじゃないかと思ってます。
というか、そう出来るよう頑張ってます!

で、以前にもこの制作舞台裏のコーナーでお知らせしたと思いますが、今回はワールドカップを100倍楽しむ方法というテーマの下、ワールドカップに関する記事を色々特集しちゃう予定です。

その中で今回ご紹介したいのは、1994年アメリカ大会で期待されながら不発に終わった、あの幻のスーパーチーム!

はい、そうです。
ヴァルデラマ、アスプリージャ、リンコン、ヴァレンシアなど、超個性派プレーヤーを揃えた、

コロンビア代表

です

画像


因みに、この写真はお馴染みの南米通ホルヘ・ミム~ラ氏が持っている手作りミニチュア人形、アルヴァレスとヴァルデラマです。
もちろん、現地コロンビアで入手したそうです。もう15年以上も前に……。

話は戻って、コロンビア代表。
このチームは、あのペレが大会前に優勝候補に挙げたほどのスーパーな強さがありました。
何よりも、これほど見ていて楽しく見えるサッカーは、過去に例がありません!

最近はバルセロナが見ていて楽しい代表格ですが、このコロンビアに関して言えば、そういう楽しさと違って、何かサッカーの原点の匂いがする、独特のリズムとか格好良さがあったんですよね!

しかも、司令塔ヴァルデラマを筆頭に、とにかく選手が個性的でした。
動物的な動きで相手DFを翻弄するアスプリージャや、スピードと決定力抜群のヴァレンシアや、1試合で50kmぐらい走ってるんじゃないかと騙されそうなくらい運動量があるリンコンや、悪人面アルヴァレスなどなど。

しかし、ご存知の通り、コロンビアは94年大会でわずか1勝しか出来ずグループリーグ敗退……。
期待していた僕たちは、「えー、一体何なんだ?」と首をかしげたまま彼らは大会から去ってしまったのでした。

では、なぜ彼らは負けてしまったのだろうか?
今回は、彼らの魅力を探るとともに、彼らを襲っていた信じられないような悲劇の数々を紹介しちゃいます。
もちろん、アメリカ戦でオウンゴールをしてしまい、射殺事件に遭ってこの世を去った、エスコバル選手の記事もありますよ!

とにかく、こんなにワクワクさせられて、しかも色々なエピソードを残してくれたワールドカップ出場チームはそうあるもんじゃありません!
そんな94年コロンビア代表チームのすべてを、色々な角度からクローズアップしたいと思ってます!

このチームのことを知っているあなたも、知らなかったあなたも、きっと新しい発見があると思いますよ!
ワールドカップイヤーは、こういう楽しいチームをワクワクしながら見たりするのが醍醐味ですからね。
今回の南ア大会も、そうやって見たりすると楽しさ倍増ですよっ!

そんなわけで、FootBall LIFE zero vol.3 は着々とゴールに近づいております!

楽しみにして待っていて下さい!


中山

「FootBall LIFE zero vol.3」は只今“一生懸命”制作中!
発売予定はホームページでお知らせします!


画像

待望のフットボールライフ・ゼロvol.2!
フットボールライフ・ショップ」で只今絶賛発売中!


フットボールライフ・ゼロ vol.2 の詳しい内容はこちらをクリック!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック