震災から3年

あの震災から今日で3年。
あの日もブログを更新し外出する準備をしている時でした。
あれから3年ですが早いのか遅いのか良く解りません。
震災後1年くらいは震度5程度の地震が頻繁に発生していましたが最近は頻度は減っています。
油断している訳ではありませんが最近地震のための備えなども当時に比べたら甘くなっています。
次に大きな地震が発生すると言われている地域は多くあります。
駿河湾や房総沖など関東にも大きな影響がでる事でしょう。
昨夜は多くの番組で震災特番が放送されていました。
奇跡の生還など生死を分けるポイントもあったようですね。
津波が押し寄せてくる映像は今見ても怖いです。
実際に始めて津波を見たので想像していた津波と大きく異なっていました。
私の育った街も海です、もう長い年月津波は起こっていません。
今住んでいるお年寄りも経験している人がいません。
実際に大きな地震が来たらどれだけの被害になるか想像できませんが漁師町なのでおそらく東北と同じことになると思われます。
田舎なので高い建物などもなく逃げる場所もありません...。
市などでは一応対策は考えているのかもしれませんが堤防を作る訳でもないので被害は甚大でしょう。

ヤフーのトピックスにデルピエロが3年たった震災へのメッセージを自身のWEBサイトで更新したようです。
震災直後にチャリティTシャツを販売し寄付をしてくれたりチャリティマッチに出場してくれたり。
画像

また是非日本でプレーして欲しいです。

そろそろ黙祷する時間です。


本日は『SAMURAI FOOTBALL Vol.13』の見本誌が仕上がってきました。
今までと若干イメージの変わった表紙。
そして今回は内田ファン必見の号となっています。
画像




「SAMURAI FOOTBALL Vol.12」 3月14日発売決定!
紙は内田選手です。
裏表紙は本田選手、内田選手情報特集満載!
画像

こちらはアマゾンで購入できます。

全国の書店、アマゾンなどで購入できます!
絶賛発売中!
『2014 エピソードで読む世界の国243』
(山川出版社)

画像





画像


角川SSC新書
『ワールドカップがもっと楽しめるサッカー中継の舞台裏』
村社淳著(元すぽると編集長)/800円+税


中山が編集制作協力をさせていただきました、お勧めの一冊です。
只今、全国の書店で絶賛発売中ですので、是非ご一読を!

究極のサッカー戦術事典、絶賛発売中!

監修:都並敏史
『徹底図解! 誰でもよくわかる サッカー戦術、フォーメーション事典』

画像


(実業之日本社/1300円+税)



プレーヤーのみならず、サッカー観戦者必携のルールブック決定版!
『すぐに試合で役に立つ! サッカーのルール・審判の基本』
監修:小幡真一郎  執筆・編集:中山淳
(実業之日本社/1200円+税)

画像


「SAMURAI FOOTBALL Vol.11」絶賛発売中!

表紙は香川選手です。
裏表紙は内田選手、マンチェスターUTDのカゴメトマトジュースCM撮影裏話なども掲載!
画像


こちらはアマゾンで購入できます。



ベッカムの突然の現役引退に涙したサッカーファンも多いことでしょう。

ネームナンバー、両袖のパッチとすべてオフィシャルマーキングの貴重なレプリカユニフォームです。
画像

PSG、ベッカムラストゲームモデル(フルマーキング)・ユニフォーム絶賛発売中!






大好評発売中!

『なぜレアルとバルサだけが儲かるのか? ~サッカークラブ経営に魔法は存在しない~』
(ベースボール・マガジン社/1500円+税)

画像



最新刊「フットボールライフゼロVol.4」絶賛発売中

現在、フットボールライフショップではお得なセット商品も販売しております!

画像



只今、フットボールライフ・ショップにて、ミランとインテルの貴重な選手支給品ユニフォームの特別販売を実施しております。

ここでしか手に入らない貴重な選手用ユニフォームを、是非この機会に!

画像


ショップへはこちらから!


待望のブンデスリーガ本、好評発売中!
現在アマゾンで販売中です。


画像
 


大好評! Jリーグ歴代助っ人外国人62人が登場!

中山淳著
『助っ人外国人が本音で語る 良い日本サッカー もっと良くなる日本サッカー』
東邦出版/定価:1,575円(税込)


画像


詳しくは、コチラをご確認下さい!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック